起床時に腰が痛い場合の楽な起き上がり方をお教えします!

こんにちは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

今回は朝、ベッドや布団から体を起こす時に腰が痛い、そんな場合の上手な起き上がり方をお伝えしていきたいと思います。

 

 

ぎっくり腰になってしまった場合はもちろん、慢性腰痛をお持ちの方でも朝目覚めて起き上がる時に腰が痛い、というのは”あるある”なんじゃないでしょうか。

 

 

そんな「毎朝起き上がる時に腰が痛いよぉ〜!今日も朝から腰が痛いから会社に行きたくないよぉ〜!」とお嘆きの腰痛持ちの方たちは是非最後までお読みいただければと思います。

 

 

 

朝起き上がる時に腰が痛い、と実感されているあなたは実際どのような体の起こし方をされていますか?下の写真のように仰向きの状態からそのまま腹筋を使って上体を起こしたりしていませんか。

 

起き抜けで体中の筋肉が固まっているということもありますし、この起き上がり方だと腰椎(背骨の腰部分)と骨盤をつなぐ筋肉や骨盤と太ももの前をつなぐ筋肉が引っ張られて骨盤が前傾し、結果的に腰椎が反りすぎた状態になり余計に痛みが増してしまいます。

 

 

 

では、楽な起き上がり方を写真と一緒に説明していきます。

1:仰向けになります。

2:どちらか片方の膝を曲げます。

3:もう片方の膝も曲げます。

4:左右どちらか楽な方に倒します。

5:4の動作と同時進行で脚を倒したのと同じ方向に上半身も回していきます。

6:腕で体を支えながら上体を起こします。

 

上記の順番で体を起こすことで腰にかかる負担が少なくなり楽に起き上がることができますよ。

 

 

腰痛改善の一つとして普段の生活動作の中で「腰、痛っ!」というシュチュエーションをなくすというのはとても大切です。しょっちゅう「腰、痛っ!」ってなっているとその度に脳が腰痛を認識してより慢性化の泥沼にはまっていってしまいますので逆に「腰、痛っ!」となる場面を減らしていく、無くしていくことが慢性腰痛を改善させるための大きな要因の一つとなります。

 

 

起床時の痛みもその一つですから、起き上がる時に腰痛がある方は是非今回お伝えした起き上がり方を試してみてください。ちょっとした工夫でかなり良くなる場合もありますよ。

 

 

寝起きは起き上がり方を変えて楽になったけど、仕事をしている日中が辛い・帰ってきてからの夜が一番腰が痛い、などなど腰痛でのお困りごとがあれば一度当院までご相談くださいませ。

 

 

椅子から立ち上がるときに腰が痛い方はこちらも併せてご覧ください。


ヤマシタ整骨院公式LINE@ページ

友だち追加でこちらからのご予約・お問い合わせも可能です。

↓    ↓    ↓    ↓
友だち追加

【痛みや不調によりやりたいことを諦めてしまっている方の新たなチャレンジを全力でサポートさせていただきます】

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13

 

身体も機械もメンテナンスが大切です!

こんばんは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

今回は日曜日の出来事&お身体のメンテナンスの重要性についてのお話です。

 

 

昨日の日曜日は朝から当院で治療の勉強会を行いました。

 

 

有志の先生で月に一回集まり、持ち回りで勉強会・練習会を開催しており昨日がたまたま当院の順番で僕を含め7人の先生たちが集まりました。

 

とても熱心な先生ばかりで京都や奈良、吹田や東大阪、藤井寺からと皆さん遠方からお越しでした。

 

 

月に一回集まっている理由の一つとして、治療技術の向上はもちろんのこと普段一人で施術しているとどうしても変なクセができてしまったり知らず知らずのうちに自己流でやってしまっている部分が出てきたりしてしまいます。

 

そういったところを定期的に集まることでお互いにチェックするという目的があるのと、どんな手技や治療法でももうここまでやったからOKといったゴールはないと考えています。

 

なので一つの技術を5年続けようが10年続けようが使い続ける間は一生研鑽を続けないといけないと思っています。

 

 

 

もう一つの理由としてはお互いの身体のメンテナンスのためです。

 

 

人の身体を治す治療家のほうが身体が悪い、というのはよくある話です。治療法によっては結構な力を要したり無理な姿勢をしなければいけなかったりすることもあるので意外と”腰が痛い”とか”肩がこる”と言っている先生がおられます。

 

 

そういったことがなかったとしても自分のコンディションが良くないと治療の質を落とすことになり兼ねないのでやはり治療家自身のメンテナンスも必要です。

 

 

毎月一回集まることで一月で溜まった疲労、筋肉や骨格のバランスの崩れ・歪みを取り除き調整してもらえるので本当にありがたい話です。

 

 

今回僕は少し腰の筋肉の張りや可動域の左右差があったんですがしっかりと治していただき治療後はとても身体が軽く楽になりました。

 

勉強もできて身体も診てもらえて一石二鳥です。これで来月までまたいい状態で仕事ができます。

 

 

身体のプロの僕たちでも月に一回のメンテナンスが必要です。自動車やバイク、その他機械関係でも(好きな方は多少はご自身でいじったりされるかもしれませんが)故障した場合の修理や問題がない場合でも定期的な検査は車であればディーラーに持っていくなど専門家に任せますよね。

 

 

歯科医院からも『3ヶ月検診のお知らせ』的なハガキが届いたりしませんか。あれもいわばメンテナンス治療ですね。定期的に診てもらうことで虫歯や歯周病の早期発見ができるしそうならないように歯石除去などのケアをしてもらえます。

 

 

心身ともにストレスの多い方がたくさんおられると思いますが放置し蓄積すると身体のゆがみや痛みとして現れます。なのでそうならないためにもメンテナンス治療を受けられ健康な状態で日々元気はつらつに過ごしていただきたいと思います。

 

 

特に何も自覚する症状がないけど身体の状態をチェックしてほしい、という方は遠慮せずに身体のプロにご相談くださいませ。

 


ヤマシタ整骨院公式LINE@ページ

友だち追加でこちらからのご予約・お問い合わせも可能です。

↓    ↓    ↓    ↓
友だち追加

【痛みや不調によりやりたいことを諦めてしまっている方の新たなチャレンジを全力でサポートさせていただきます】

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13

イスから立ち上がる時に腰が痛い場合の立ち上がり方お教えします!

こんにちは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

 

ギックリ腰になってしまった時はもちろん、慢性腰痛の方でもイスから立ち上がる時に腰が痛い、という経験をされたことがあるんじゃないでしょうか。

 

 

 

今回はそんな方たちに、腰に負担の少ないイスからの立ち上がり方をお伝えしたいと思います。

 

 

 

みなさんは腰が痛い時にイスからどのようにして立ち上がっていますか?

 

ほとんどの方が上の写真のように上半身を大きく前に倒し顔が下に向いた状態から「よっこいしょ、アイタタッ〜」とかなんとか言いながら立ち上がっているのではないでしょうか。

 

 

イスから立ち上がる時に腰が痛い原因というのはほとんどが筋肉にあり腰まわりの筋肉が肩こりの人の肩の筋肉のようにガチガチに固まってしまっているんです。

 

 

そんな筋肉の状態で写真のような立ち上がり方をしてしまうと上半身が前に倒れれば倒れるほど股関節やお尻、腰の筋肉に大きな負担がかかってしまい余計に痛みが強くなってしまいます。

 

 

では、どうすれば腰まわりの筋肉に負担をかけずに立ち上がることができるのかを具体的にお伝えしたいと思います。

 

1、いきなり立ち上がるのではなくまずはイスに座ったままの状態で股関節や腰を動かしましょう

座っている間に固まった筋肉を体を動かしほぐしてあげましょう。これをするだけでも立ち上がりが楽になりますよ。(ex:腰を左右に捻る・伸びをする・足踏みする)

 

2、顔は下ではなく上を向くようにする

下を向くとどうしても背中が丸くなってしまい余計に腰の筋肉を緊張させることになります。逆に上を向くことによって自然と背中が伸びて姿勢がよくなります。

 

3、少し足を引いてバランス良く両足に荷重させる

腰が悪い方の多くはどちらか一方の脚に荷重する癖があります。立ち上がる時も無意識のうちに両足にかかる荷重の割合が偏ってしまうとこれまた腰への負担が大きくなってしまいます。

 

4、体全体がまっすぐ上に伸びていくイメージで膝を伸ばし立ち上がる

なるべく上半身を前に倒さないようにして立ち上がります。

 

上記の流れで動作を行うと腰や股関節への負担と痛みが軽減され楽に立ち上がることができると思います。慢性腰痛がありイスから立ち上がるたびに痛い思いをされているデスクワークの方などは是非一度試していただきたいと思います。

 


ヤマシタ整骨院公式LINE@ページ

友だち追加でこちらからのご予約・お問い合わせも可能です。

↓    ↓    ↓    ↓
友だち追加

【痛みや不調によりやりたいことを諦めてしまっている方の新たなチャレンジを全力でサポートさせていただきます】

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13