手技療法

一見するとマッサージ?

当院の手技療法はただ単なるマッサージとは異なります!
と言っても、施術風景を見る限りでは普通のマッサージじゃないの?と思われるかもしれません。
(まぁ、患者さんはやられることはあっても見ることはないんですけどね…笑)
実際に受けられても違いが分からない方もいらっしゃるかもしれませんがわかる方にはわかるはず…たぶん。
マッサージ慣れした方は特に実感していただくことが出来ると思いますが、通常のマッサージであればどちらかというと筋肉を表面的にのみほぐしているという感じだと思います。
手技療法
しかし、当院の手技療法は奥の方(深部)の筋肉まで刺激を届かせて悪い部分の固まったところに効かせ緩めていくことができます。
ですので、やられるとピンポイントでズドーンと奥の方に響くような感覚があると思います。

どんな効果があるの?

単なるマッサージとは違いますので慰安目的のようにその時だけの気持ち良さやリラックス効果を狙ったものではありません。ですから、逆に言うとそういったものを求められてしまうとご期待に沿うことはできません。
整体では関節や骨にアプローチするように、治療法にはそれぞれ何を対象にしているのかが明確にあります。

手技療法では筋肉を対象に治療していくわけなんですが、前述した通り表面の筋肉だけではなくいわゆるインナーマッスルやコアマッスルと言われている深部の筋肉に対しアプローチしていきます。
では、なぜ表面の筋肉を治療するだけではダメなのか。深部の筋肉まで治療しなければならないのか?
と言うと、骨格を歪ませたり骨のズレを作る要因の一つとして深部の筋肉が固まったり縮んだりして骨を引っ張ることにより起こるということがあるからです。
人間の体は常に動いていて前後・左右にバランスとりながら姿勢を維持しています。(じっとしている時でも実は全く動いていないということはなく無意識にそういった作用が働いています。)
そういった姿勢保持の働きに大きく貢献しているのが深部の筋肉で姿勢を細かく調整したり関節の位置を正常に保ったりしています。そういったところからもわかるように骨格の歪みや骨のズレが症状や痛みを引き起こしている原因の場合、表面の筋肉だけをいくらほぐしても当然ですが良くなりません。
手技療法

もちろん整体などその他の施術と組み合わせることもありますが手技療法で深部の筋肉を緩めていくことが原因を取り除くうえでとても大切になってきます。逆い言うと整体で歪みやズレを矯正しなくても深部の筋肉の悪い部分を緩めるだけで痛みが改善されたり姿勢が良くなったりすることもあります。
整体をする場合は先に手技療法で筋肉を緩めておくことでよりスムーズで的確に歪みやズレを矯正することができ早期に症状の改善や治癒が見込めます。

「そういう刺激、苦手なんですけど…」

他の施術に関しても同様ですが今まで受けてきたなかで苦手な治療法がある場合は問診時にお伺いしますので、前述したような深部に響く独特の刺激がダメな方はその際に言っていただければ結構ですし実際に受けた時にどうしてもダメだという場合はその時にすぐにお伝えください。
とは、書いたものの今までに手技療法でどこをされるのもダメという方には出会ったことがないのでそのあたりはご安心いただければと思います。