かかとが痛い中学生

中学1年生の男子生徒。

 

 

両方のかかとが痛いということでご来院されました。中学校の部活動でソフトテニス部に入ったのが4月の中旬くらいで、入部から間もなくしてかかとの痛みが気になりだしたということです。

 

 

問診・検査とした結果かかとに起こる成長痛、踵骨骨端症(シーバー病)でした。

 

 

僕自身陸上部で短距離をしていた中学時代はシーバー病ではありませんが膝に起こる成長痛のオスグットに悩まされろくに練習ができない時期もあったりしたのでこの男の子の気持ちは痛いほどわかります。

 

 

シーバー病は病院へ行っても「成長痛だからひどい時は練習を休んでください。」とか「成長が止まったら自然と治るからそれまで上手いこと付き合ってください。」とか言われて治療らしい治療をしてもらえない、という場合が多いと思います。

 

 

ですが、そんなことはありません。硬くなったアキレス腱やふくらはぎを柔らかくするだけでも症状が改善したりしますしもちろん他にもやりようは色々とあります。

 

 

この男の子が僕の中学時分の二の舞にならないように、少しでも痛みを取り除けるように加療していきたいと思います。

 

 

オスグットやシーバー病の痛みでお悩みのお子さんやその親御さん、成長が止まるまで治らないなんてことはありません。然るべき治療をすれば必ず改善していきますので成長痛でお困りでしたら是非一度ご相談くださいませ。

 

 

【残り2名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です