坐骨神経痛による左お尻の痛みにお困りの70代の女性患者さん

70代の女性の患者さん。

 

 

昨日の朝一番で「今から診てもらえますか?」と直接院を訪ねて来られ、どうされたのかをお伺いすると坐骨神経痛で左のお尻が痛いのでその治療をお願いしたいとのことでした。

 

 

しかし、少しの間予約が埋まっておりすぐには受付できなかったので空いているあとの時間をご案内すると大丈夫ということだったので再度午後から来ていただくことに。

 

 

予約時間に来院され問診をしていくと、3年ほど前に病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断されお尻の痛みは坐骨神経痛だと言われそこからは2週間に1度ブロック注射をずーっと続けておられるそうです。

 

 

しかし、注射も特別効いている感じもしないしかれこれ3年もやっていて患者さんご自身も効果の有無は置いといても注射が対症療法だということも人から話を聞いたり色々と調べたりしてわかったので違う治療を受けたい、根本的に治したい、という思いから当院を受診されました。

 

 

 

この患者さん、腰痛は感じておらずとにかく左のお尻が痛いとのことで歩くのも若干脚を引きずっておられる状態です。

 

 

2週間に1回の注射を約3年間もよく続けてこられたなぁと変に感心しながらヘルニアや坐骨神経痛についてや治療方法またこれからの治療方針などをご説明し納得いただいたうえで治療に入りました。

 

 

治療後は腰の動かしやすさと脚の運びやすさに驚かれていました。治療に対する体の反応もいいのである程度の期間で良い結果が得られそうです。

 

 

治療の結果を受けて患者さんも俄然やる気になってくれているので二人で力を合わせて1日でも早くお尻の痛みから解放されるように頑張りたいと思います。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り0名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です