考え方一つで良くも悪くもなるんです!

30代の女性の患者さん。

 

 

一日中立ちっぱなしの接客のお仕事をされていて腰痛にお困りで通院中の方です。

 

 

過去にひどいギックリ腰になり1週間以上お仕事を休まれたことがあるそうで、その時のことがトラウマでとにかく不安感がとても強い方です。

 

 

なので、いつもよりちょっと腰が痛いとたちまち大きな不安にかられて「またギックリ腰になるんじゃないか」とか「仕事休むことになって同僚に迷惑をかけることになってしまうかも」など色々と悪い方向にばかり考えてしまうとおっしゃっています。

 

 

治療を開始してから体も着実に良い方向に変化していっているし、現に患者さんご自身も前より動き出しが楽になってきたりと変化を感じ取られています。

 

 

ここで大切なのは悪い方向に物事を考えるのではなく良い点や良くなっているところに意識をフォーカスすることです。

 

 

「動き出しが楽にはなったけどまだまだ腰が痛い」と考えるのではなく「前は痛かった動き出しが楽にできるようになった」と前向きに捉え考えていただきたいです。

 

 

そうすることで脳も活性化して身体はもっともっと良くなります。結局何を言いたいのかというと患者さんの考え方一つで身体は良くも悪くもなってしまうということなんです。

 

 

身体の不調に限らず人生においてもすべて前向きに捉えて良い方向に進めていきたいものですね。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り3名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です