フェンスから落っこちてお尻を強打してから腰が痛いです!

50代の男性の患者さん。

 

 

この方、当院近くの飲食店のオーナーさんで休みなく働かれていおり(現にお店は年中無休で本当に休みなしです。すごい!!)たまーに腰を悪くされたりするので、その際に来院されます。

 

 

今回は約半年ぶりの来院で、腰を痛めてしまったとのこと。詳しく伺うと一昨日にフェンスをよじ登ろうとしている際に足を滑らせ下に落ちた時に尻餅をつき、それから右腰からお尻にかけてが痛いということでした。

 

 

なぜ50代の男性がフェンスをよじ登ろうとしたのかは割愛させていただきますが、何せ落っこちて痛めたようです。皆さんもフェンスに登る際は足元にお気をつけください。笑

 

 

尻餅をついてまずチェックしないといけないのは尾てい骨(正式名称は尾骨と言います)の骨折がないかどうか。落っこちてガンっと打ってヒビが入ってしまうことも十分あり得ます。

 

 

検査をしましたがその点は大丈夫でした。しかし、落ちた際の衝撃と痛みをかばっていることから体の歪みがありました。

 

 

なので、骨盤や股関節の調整を行ったところ施術前は右足を前に出したり太ももを上げることがツラかったんですが、それがだいぶん楽にできるようになったようで「これでなんとか仕事できそうです!」と言っていただけました。

 

 

とにかく1日も早く治さないといけないのでまた今日も来られますから、昨日との違いを診ながら施術するポイントを定めやっていきたいと思います。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り4名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です