歩くのも曲げるのも痛いです!

40代の男性の患者さん。

 

 

右膝の裏や内側が痛いと訴えられている方のご予約・来院がありました。

 

 

来院されお話を伺うと1〜2ヶ月前から右膝が痛くなりだし、不安に思った患者さんは病院を受診されたそうです。

 

 

病院で画像診断を行った結果、右膝の半月板(内側半月)を損傷しているのでドクター的にはそれが原因ではなかろうか、というお話でした。

 

 

患者さんからすると特に何をしたわけでもないのに痛くなってきていつ半月板を痛めたのかが不思議なのでドクターに尋ねると半月板を損傷したのはここ1〜2ヶ月のことではなく昔(高校時代の部活動)の古傷ではないか、との回答があったとのことです。

 

 

となると、ここ1〜2ヶ月で膝が痛くなったのには半月板以外の別の要因があると思われます。半月板損傷だけが原因なのであればそれこそ高校時代に痛めて以降ずーっと痛くてもおかしくないですよね。

 

 

それがそうではなくこれまで患者さんは右膝に何の問題もなく過ごして来られています。そうなるとやはり他の要因が合わさって痛みを出しているということが推測されます。

 

 

その辺りを探るべく検査や体全体のチェックをしていくと普段からの姿勢や歩き方、股関節と骨盤の連動性などいくつかに問題がありました。

 

 

治療はそれらの問題点を改善させるために手技と整体を行うことに。これまで2回の治療を終えていますが最初の状態と比べるとかなり膝が曲がるようになり歩いたりしゃがんだりした時の痛みもマシになってきています。

 

 

お仕事でたくさん歩かないといけないし接待ゴルフもあるとのことなのでなんとか早急に痛みなく動作できるように頑張りたいと思います。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り4名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です