股関節のレントゲンを撮ったほうがいいですか?

50代の女性の患者さん。

 

 

専業主婦のこの方、趣味でテニスを週に3回ほどされているんですがここ数週間、テニスをやっている最中に腰や右の股関節が痛むようになってきたとのことです。

 

 

で、治療中にお話をしていて「旦那さんから『いっぺんレントゲン撮ってもらったら。』って言われたんですけど撮ったほうがいいんでか?」と聞かれました。

 

 

結論を言いますと、この方の場合は必要ないのでそうお伝えさせていただきました。というのも問診や検査の結果を踏まえ関節自体には問題はなく股関節周りの筋肉が原因で痛みを出しているので、画像検査は必要ないと判断しました。

 

 

画像検査をしたらしたで、例えば『軟骨が減っている』とか『関節のはまりが浅い』とお医者さんから言われるかもしれませんがそういったことがあるから必ず股関節が痛くなるとは限りません。

 

 

それよりもこの方の場合はテニスをしている際の体勢、足の使い方、フォーム等が股関節や腰に負担をかけていることがわかりました。

 

 

お話を聞いた後に実際にテニスをする際の体勢やフォームを再現してもらい判明しました。

 

 

その上で治療後に体勢改善のためのエクササイズをお伝えさせていただいたので、計画的に治療を行っていきながらご自宅でエクササイズを頑張っていただき思う存分テニスをやってもらえるようにやっていきたいと思います。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り5名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です