休まなくても大丈夫ですか?

先日、テニス大好きな患者さんが肘を痛めたということでご来院されました。痛めた場所は利き腕の右肘の外側です。

テニスをされる方であれば大方予想されると思いますが、外側上顆炎いわゆるバックハンドテニス肘と言うやつですね。

この方は週に2〜3回テニスをされているんですがやはり心配なのは休まなくてはいけないんではないだろうか?というところだと思います。現に問診時に「テニス休みたくないんですけど、やりながら治りますか?」というご質問をいただきました。即答で大丈夫ですよ!とはお答えしませんでしたが、問診・検査・治療と一通りやり終わってそのあとにやっていきながら治せる旨をお伝えしました。もちろんこの方の場合であって、同じテニス肘でも状態によっては「これくらいは休んでいただきその間にこのペースで治療をしていき、これくらいの状態になったらまた再開しましょう!」となるかもしれませんが、この患者さんに関してはテニスをやってもらいながら治せられると判断しました。IMG_4881

テニスに限らずスポーツをされている方は当然なるべく休みたくないと思いますので、僕としても極力休まなくてもいいように治療をしていければと考えています。

スポーツでの怪我や痛みがある方は一度ご相談いただければと思います。

 

さて、本日の予約状況です。

残り3名様(新患の方1名様)まで】
となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です