自転車を持ち上げたときにグキッとやってしまいました!

50代の男性の患者さん。

 

 

2年以上前にギックリ腰で受診されたことのある方の再来院がありました。

 

 

今回もまたギックリ腰をやってしまわれたとのことです。一昨日の日曜日に自宅のベランダに置いてある折りたたみ自転車を移動させようと前かがみになり持ち上げた際に痛みが走ったとのこと。

 

 

以前に当院にかかられて以降は腰の調子もよく、いい感じで過ごせていたようで「もう自分はギックリ腰にならないんじゃないかと思っていました。」と謎の自信をみなぎらせておられましたがなる時はなるんですよね。

 

 

患者さんのお話を聞いていると、ここのところお休みも取れてなくて疲労も蓄積しており暑がりのため会社でも自宅でもエアコンで体を冷やしてしまっているので、冷えと疲労でギックリ腰のリスクを高めてしまったのでしょう。

 

 

あとは、毎日の晩酌も多いようで内臓からの冷えと疲労も腰に負担をかけていた要因です。

 

 

治療を行いつつ、日常生活での注意点を幾つかお伝えしました。治療も大事ですが、その後の過ごし方で改善のスピードもかなり左右されるのでその辺りはきっちりとご理解いただき昨日の治療は終了しました。

 

 

治療後は腰の動き、痛みともにかなり改善がみられましたが念のため金曜日に再度受診される予定です。夏の疲れが出てくる頃なので、皆さんもギックリ腰にはくれぐれもお気をつけください。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り3名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

前回までで学習しました!

50代の男性の患者さん。

 

 

一般のお宅やオフィスの片付けや清掃のお仕事をされている方で腰がヤバくなると来院される方です。

 

 

この方はこれまでに数回、ギックリ腰をされており前回と前々回のギックリ腰の際に当院を受診されています。

 

 

その際に、「日頃からしっかりとケアをしてギックリ腰にならない体を作っていきましょう!定期的に治療することは無理でもせめて少しでも違和感なりギックリ腰になりそうな予感があればすぐに来てください!」とご提案はしたんですが自宅も職場も近くの方ではないしお仕事も忙しいので定期的な治療にはなかなか来られませんでした。

 

 

しかし今回、前回までと違うのはギックリ腰になる前に来られたというところです。ご提案というかもはやご忠告でしたが「定期的に治療することは無理でもせめて少しでも違和感なりギックリ腰になりそうな予感があればすぐに来てください!」というのは守っていただけたようで「朝起きた時になんとなくやってしまいそうな感じがあったので…」とご連絡いただき来院されました。

 

 

来院されお体のチェックをすると、痛みもないし動きも悪くはないんですが体の捻じれがあるのと患者さん的に常に腰に違和感があるとのことでした。

 

 

しかし、ギックリ腰にまではなっていないので治療もしやすいですし最初にあった違和感もすぐに取れました。やっぱり完全にギックリ腰になってしまってから治療するのとなる前にするのとでは予後がぜんぜん違います。何より患者さん自身が楽だと思うのでこの方と同じように「腰が何となくヤバそう」「このまま放っておいたらギックリ腰になりそう」という前兆があればすぐにご連絡くださいませ。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り1名様まで】12時半〜

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

早期治療で早期改善を目指しましょう!

40代の女性の患者さん。

 

 

先週土曜日に投稿した↓こちらの患者さんの続編です。

https://yamashita18.com/archives/2495

 

 

初回時(先週金曜日)の治療終了後はまだまだ痛みや腰が伸びないなど可動域の制限があったので土曜日はどうかなと思いながら患者さんをお待ちしていました。

 

 

そうすると初診時は彼氏さんに付き添ってもらいご本人は自転車を押しながら(自転車を歩行器代わりのようにして)来られていたのが土曜日は自転車に乗って颯爽と来院されました。

 

 

それを見て一安心。自転車を降りて院に入ってこられた時の姿勢や歩行を見ても前日より明らかに良い感じです。

 

 

患者さんに状態を伺うと、まだ何かの拍子に”痛っ”、てなるとのことですが腰も伸びるようになり痛みもマシになっているようでした。

 

 

ということでこの日も早速治療を行いましたが、やり方も前日とは少し変えつつも極力お体に負担がかからないように施術を進めていきました。

 

 

治療後は、大方通常の姿勢に戻り歩行の仕方も上々です。今日から仕事復帰されているのでその状況を踏まえた上で次回再度お体の調整をしていく予定です。

 

 

ギックリ腰や寝違えなどの急性疾患は何せ早く治療に取り掛かるに越したことはありません。もしギックリ腰や寝違えになってしまったら早く治療して早くいつも通りの生活ができるようにしていただければと思います。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り4名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

夜中に起きた時に腰が痛くなりました!

30代の女性の患者さん。

 

 

以前当院のお近くにお住まいで何かある度に受診されていた方ですが、3年ほど前に吹田に引っ越されてからは来られていませんでした。

 

 

ところが、その方から「ギックリ腰やっちゃったぽいんで診てもらいますか。」とご連絡があり昨日に来院されました。

 

 

腰が痛いなか、吹田からわざわざ来てもらってありがたいけど申し訳ないなぁ、と思い尋ねるとお仕事の関係で谷6に来る予定があったみたいで奇跡的なタイミングです。

 

 

約3年ぶりの再会で色々とお話はしながらもしっかりと治療はさせていただきました。治療前、お腹周りやさらにその奥のインナーマッスルが硬く縮こまっていて後屈が痛いとおっしゃっていましたが治療後は痛みが軽減しスムーズに動かせるようになりました。

 

 

この方はやんちゃな二人の男の子の子育てと家事とお仕事で大変ですから、一刻も早く通常運行ができるように頑張りたいと思います。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り0名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

日勤終わりでギックリ腰になってしまった看護師さん

40代の男性の患者さん。

 

 

看護師をされていて一昨日にギックリ腰をやってしまったとのことでご連絡をいただき来院されました。

 

 

来院後、詳しくお話を伺うと一昨日の日勤終了後にカフェで2時間くらい座りっぱなしになり、いざ立ち上がろうとした際に腰に痛みが走ったということでした。

 

 

この方、過去に何回かギックリ腰をされており「あっ、これはやってもうたな。」とイスから立ち上がった瞬間に思ったそうです。

 

 

ということで、長々とお話を聞くのも痛そうなので早々に治療を開始しました。体への負担が少なくて済むようになるべく短時間で手数も少なく施術を終えました。

 

 

100あった痛みがいきなりゼロにはなりませんが、ある程度股関節や骨盤に動きが付いたので最初は全然できなかった腰の前屈と後屈ができるようになりました。

 

 

人間の体は不思議なもので動けるようになれば痛みも軽減したりするもので、患者さんは「動かしやすくなったし痛みもマシです!」とおっしゃっていました。

 

 

ギックリ腰になったらいかに早く治療を開始するかが早期改善のカギですのでもし「腰やってもうた〜!」という方はすぐにご連絡くださいませ。

 

 

さて本日の予約状況です。

【残り4名様まで】

となっております。

受診をご希望の方は急いで06−6764−1190までお電話ください。

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時こ間内にお電話で予約をお取り下さい。
なお、予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。