ギックリ腰警報発令中!なってしまった時の対処法をお伝えします!

こんばんは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

お盆休み明けの8月後半、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

毎年この時期のあるあるなんですが、ギックリ腰(急性腰痛)の方がたくさん来院されます。

 

 

その理由として、お休み中に生活リズムが崩れたりレジャーやご旅行、帰省など長時間移動での疲れ、暴飲暴食や冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂ることによる内臓疲労などが原因で起こってしまう場合があります。

 

 

ギックリ腰は僕自身過去に何回かやらかしていますが、もうめちゃくちゃ痛いし辛いですよね。まったく動くことができないほどのものはなったことがないですが、それでも何をするにしてもいちいち痛いしそれだけで相当なストレスですよ、ホント。

 

恥ずかしい話この仕事に就いてからも2回ほどはやっているんじゃないでしょうか。普段気をつけていてもなる時はなってしまうんです。それがギックリ腰なんです。チックショー‼︎笑

 

ギックリ腰になると普段何の痛みもなく動けることの有り難さが身に染みてわかりますね。

 

 

話が逸れましたが、とにかく辛いギックリ腰。誰もなりたくてなっている人はいないんですが、もしギックリ腰になってしまったらあなたならどうしますか?

 

 

痛いし動けないしとにかく安静にしますか?それともすぐに病院に行ってレントゲン検査をしてもらいますか?

 

 

病院に行くっていう選択肢もアリっちゃアリなんですが、ギックリ腰にレントゲン検査は大抵の場合必要ありません。骨がどうにかなってしまっている可能性は極めて低いので…。

 

 

とにかく安静という選択肢ははっきり言ってなしです。一昔前は”ギックリ腰=安静”でしたが、最新の研究では安静が一番治りを遅くするという結果が出ていて、それよりも動かせる範囲で日常生活動作を行う方が早く治る、という欧米の研究機関のちゃんとした論文で発表されているんです。

 

 

なので、ギックリ腰になった場合は安静にせずに動かせる範囲で動いてください。と、言われても痛いし辛いし動かしたら余計に痛み増すしそんなん無理や〜、という方に是非やっていただきたいエクササイズというか対処法があるのでご紹介したいと思います。

 

まずはこれをやってみてください⬇︎

仰向けの状態でまずは両膝をゆっくり立てます。そこから左右に倒していきます。どちらか楽に倒せる方があればまずはその方向(右に倒すのが楽であれば右)ばかり、”両膝を真ん中に戻しては右側に倒す”を数回、ゆっくりと繰り返してください。

 

右側を数回繰り返した後、反対側も同じようにゆっくりと倒していきましょう。その際、無理をせず行けるところまで倒します。決して痛いところまでやらないでくださいね。

 

もしどちらが楽に倒せる、というのがなく左右とも同じくらいであれば交互に1回ずつ倒しては戻し、を繰り返しましょう。

 

やっているうちに最初より楽に倒せるようになってきた方、お次はこちら⬇︎

 

これまた体勢は先ほどと同じ仰向きで両膝を立てるまでは一緒。

この状態から行ける範囲でゆっくりとお尻を浮かせましょう。写真では結構浮かせていますが、ちょっとずつでいいので繰り返しやっていくうちに徐々に上げられるようになっていきます。

 

 

ここまで来るとギックリ腰直後よりもだいぶ楽になっていると思います。

 

でももし最初の両膝を倒す動きがきつくてできそうにない方は、こっちをやってみてください⬇︎

                           or

何してんの、これ?って感じかもしれませんが、要は末端から小さい動きで徐々に動かしていくというやり方です。大きく動かすことが辛いのであれば小さくいきましょ。

 

 

もちろんギックリ腰になってしまった方にやっていただくストレッチなので、寝た状態でも座位が楽なのであれば座った状態でやっていただいても構いません。

 

 

手の場合は、指から動かしていきましょう。写真のようにストレッチさせたい方と逆の手で指を1本ずつ反らしていきます。普通にグー・パーするだけでもいいんですが逆の手で行うことでストレッチさせる方の腕は完全に脱力状態になれるのでより効果的です。

 

片方が終わったら反対側も同じように行いましょう。指が終わればお次は手首です⬇︎

手首を上下に動かしましょう。そのあとはグルグルと回しましょう。反対の手首も同じように行います。

 

 

足の場合も手と同じ要領です。

足指グー・パーを繰り返しましょう。ひどいギックリ腰だと仮定すると寝た状態で行うので、手指と違って自分の筋力でやるか誰かいる場合はお願いして足指を曲げ伸ばししてもらってください。片方ずつ両足とも行います。

 

 

お次は足首です。

足首の曲げ伸ばしをゆっくりと繰り返します。慣れてきたら手と同様にグルグルと回しましょう。これも片方ずつ両足とも行います。

 

 

次は膝の曲げ伸ばしです。

膝を片方ずつ曲げます。

右膝から行う場合は、『右膝を曲げる→左膝を曲げる→右膝を伸ばす→左膝を伸ばす』を数回繰り返しましょう。

 

ここまでいければ、最初に戻って両膝を倒すストレッチができるようになっていると思いますのでやってみてください。

 

写真は載せていませんが、手首を動かし終わったら肘の曲げ伸ばし→仰向けの状態で肩(腕)の上げ下げと、動かす範囲を大きくしていってください。

 

 

上半身、下半身ともに末端から徐々に動きを付けていくことでギックリ腰直後にあった筋肉の極度な緊張や硬さが解けてかなり楽になると思いますが、今回お伝えした方法を行ってもちっとも楽にならない場合はすぐに信頼できる医療機関を受診してください。

 

 

楽になった・痛みがマシになった、という方もそれで放っておくのではなく早期に治療を開始してしっかりと治しておきましょう。

 

 

もう少しの間暑い日が続きそうですが、体の外側・内側からの冷やし過ぎに注意しギックリ腰にならないように普段の生活から気をつけましょう。

 

 

それでももしギックリ腰になってしまったらすぐにご連絡くださいませ。

 


 

ヤマシタ整骨院公式LINE@ページ

友だち追加でこちらからのご予約・お問い合わせも可能です。

↓    ↓    ↓    ↓
友だち追加

【痛みや不調によりやりたいことを諦めてしまっている方の新たなチャレンジを全力でサポートさせていただきます】

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13

 

 

猫背の方にオススメの簡単ストレッチお教えします!

こんにちは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

今回は猫背の方にオススメの簡単ストレッチをお伝えしたいと思います。

 

 

男女問わずデスクワークや長時間のパソコン仕事をされている方で「自分は猫背やなぁ」と自覚されている方は多いのではないでしょうか。

 

 

デスクワークをされていなくてももちろん猫背の方はおられるんですが、今までに多くの来院患者さんを診てきた僕の印象としては若い方にとても多いように感じます。

 

 

若い方に猫背が多い要因の一つとしてスマホの普及が挙げられるのではないでしょうか。スマホを持っていない方には考えられないかもしれませんが高校生や大学生といった10代後半から20代前半の年代では1日のスマホの使用時間が平均2時間というデータがあるんです。

 

 

あくまで平均なのでほとんど使用しない人から一日中スマホを触りっぱなしの方まで色んな方がいるとは思いますが、何せツイッターやらインスタグラムをチェックしたりYouTubeで動画を観まくったりしている人たちが大勢いるということです。

 

 

まさにそんな子たちが猫背になってしまっているのです。休日に電車に乗っていても背中を丸めて首を突き出しスマホの画面を凝視している高校生をよく見かけますもんね。

 

 

話が逸れてしまいましたが、何も高校生がスマホを触っているのを非難しているわけではなく上記のような理由でデスクワークの社会人の方だけではなく幅広い層で猫背の方がおられるんです。

 

 

特に女性は見た目を気にされる方が多いので、肩や首コリのツラさもどうにかしたいけどそれよりもとにかく見た目がブサイクやから猫背を治したい、猫背を治していつも背筋ピーッンってなってたら若く美しく見られるはずやからそうなりたい、というようなお気持ちの方がたくさんおられるのではないでしょうか。

 

 

ということで、前置きが長くなってしまいましたが誰でもできるお手軽簡単ストレッチのやり方です。

 

 

1、雑誌やバスマット・バスタオルなどを用意していただき5㎝〜10㎝程度の高さになるように調整して床の上に置きます。

今回は週刊少年ジャ○プを使用。2冊重ねて6.5センチほどです。

 

2、その上に足先を乗せて数十秒間キープします。

 

3、ふくらはぎや膝の裏など脚の裏側が気持ち良く伸びるのを感じてください。

 

4、足先を下ろし床に立つとストレッチをやる前より背筋が伸びている感じがおわかりいただけると想います。

 

 

猫背の多くの方は普段から後ろ重心(かかとに重心が偏っている)になってしまっており脚の裏側の筋肉に過剰な負荷がかかりカチカチになっているのでその筋肉を伸ばすだけでも下半身の筋肉のバランスが整い姿勢が良くなるんです。

 

 

姿勢はある種、癖や習慣的な部分もあるので今回ご紹介したストレッチは簡単にできるので朝でも夜でもいいので毎日やってみられてはいかがでしょうか。もしこれだけで姿勢が変わったら儲けもんですよ♪

 

 

今回ご紹介したストレッチも続けたし他にも猫背に効くっていうストレッチやエクササイズもやったけど私の猫背は良くならないんだ、一人でやるには限界だ、という方は当院にご相談くださいませ。

 


ヤマシタ整骨院公式LINE@

友だち追加でこちらからのご予約・お問い合わせも可能です。

↓    ↓    ↓    ↓
友だち追加

【痛みや不調によりやりたいことを諦めてしまっている方の新たなチャレンジを全力でサポートさせていただきます】

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13

腕こりからくる肩こりの方にオススメのストレッチ3選

こんにちは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

年が明けてはや三分の一が過ぎましね。正月休みボケしていた方もぼちぼち調子が戻ってきたころではないでしょうか。

 

 

まだ休みボケしてるよ!って方は…どうしましょ?(笑)とにかく規則正しい生活をして栄養のある食事を摂り歩くなど軽めの運動をしてしっかりと寝ましょう。

 

 

さて、今回は前回の続きです。(前回の記事はこちらから

 

 

腕こりからくる肩こりにお困りの方に是非ともやっていただきたいストレッチをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

三角筋(前部)のストレッチ

1、体の後ろで手を組む

2、組んだ手を上に引き上げる

肘は伸ばした状態で肩を引いて胸を張ります。

組んだ手を上へ引き上げたところで5〜10秒キープしてください。

このストレッチでは三角筋の前側と胸の筋肉(大胸筋上部)が伸ばされているのを意識しながら行いましょう。

 

三角筋(中・後部)のストレッチ

1、片腕を伸ばして肘を持つ

腕を肩の高さに上げて前に伸ばしもう片方の手で肘を持ちます。

2、肘を持つ方の手で腕を手前に引き寄せる

肩は動かさず肘を保持している方の手でもう片方の腕を手前に引き寄せて5〜10秒キープします。その際引き寄せる方の肘は伸ばしたままです。反対の腕も同様に行ってください。

 

上腕二頭筋のストレッチ

1、手のひらと力こぶを上向きに

壁の横に立ち片腕を肩の高さに上げ手のひらが上向きになるようにします。

2、手のひらだけを下向きに

力こぶは上を向いたまま、手のひらだけが下を向くように肘から先をねじります。

3、上半身を外側にひねる

2の状態で指先を壁に当て上半身を外側(壁と反対側)にひねって5〜10秒キープします。反対の腕も同様に行ってください。

 

 

 

いずれもしっかりとストレッチができていればターゲットの筋肉が伸びているのが感じられると思いますのでイマイチ伸びている感じがしない時は再度やり方やフォームが間違っていないかを確認してくださいね。

 

 

もちろん無理は禁物です。痛いくらいに伸ばしたりやりすぎたりしないようにお気をつけください。気持ち良く伸びていると感じる程度で大丈夫です。

 

 

さて、いかがだったでしょうか。年末年始に腕を酷使され重だるさなどの自覚がある方はもちろん腕のしんどさは感じないけど肩こりがひどくなったという方は簡単にできますので是非ともお試しください。

 


 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13