腰痛の最新エビデンスを仕入れてきました!

こんにちは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

今日は神戸マラソンでしたね。当院の患者さん含め出場された方はお疲れ様でした。

 

 

今日はお風呂にゆっくりと浸かり体を温めストレッチを入念にするなどしてしっかりとケアを行いましょう。

 

 

42.195㎞も走っているんですからクールダウンやアフターケアを怠ると疲れが抜けずに腰痛が出たりし兼ねませんよ。

 

 

昨日の午後はそんな腰痛に関してのお勉強をしてきました。

 

 

お勉強と言っても手技や治療法を学ぶ、といったものではなく最新の腰痛エビデンスを聞くためのセミナーを受講してきました。

 

『エビデンス』という言葉を一度は聞かれたことがあるかもしれませんが、evidence(エビデンス)とは証拠、証言、医学では臨床結果などの科学的根拠、その治療法が良いとされる証拠、という意味となります。

 

 

なので、今回の講座では腰痛に関しての正しい情報や新たにわかった科学的根拠を聞いてきたというわけです。

 

 

腰痛に限らず医学の世界は日進月歩です。昨日まで常識だと思っていたことが今日から突然非常識、正しいと思っていたことが新たな研究の結果間違っていた、なんてことがあるんです。

 

 

ここで一つ皆さんにご質問です。急性腰痛(ギックリ腰)になってしまった時って患部である腰は冷やしますか?それとも温めますか?

 

 

ギックリ腰になり整骨院に行ったことのある方は腰をアイスパックで冷やされたことがあるかもしれませんし、僕も修行時代にギックリ腰の患者さんが来られたらまずは冷やせ!と教えられたものです。

 

 

しかし、答えは『温める』です。最新のエビデンスでは、急性/亜急性腰痛に対する温熱療法は5日後まで疼痛の軽減効果をもたらすということでギックリ腰は暖めたほうがいいという研究結果が出ています。逆に寒冷療法の効果はエビデンスがない、とのことなので解釈としては冷やしても悪くなることはないけど良くもならない、ということです。

 

 

このようにこれまで正解だと思いってやっていたことが間違ってたり、やっても意味がない、また〇〇療法より△△療法の方が効果が高い、ということが出てくるので定期的に自分の持っている情報をバージョンアップさせないとそれが最終的に患者さんに迷惑をかけることになってしまいます。

 

 

ですから、ヤマシタ整骨院では今後も定期的にエビデンスをバージョンアップさせながら常に新しく正しい情報を患者さんにお伝えできるように努めていきたいと思います。


ヤマシタ整骨院公式LINE@ページ

友だち追加でこちらからのご予約・お問い合わせも可能です。

↓    ↓    ↓    ↓
友だち追加

【痛みや不調によりやりたいことを諦めてしまっている方の新たなチャレンジを全力でサポートさせていただきます】

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13

 

自分のこの症状はどこに行っても治らないんだ。とあきらめ治療院ジプシーになってしまっている方へ

こんにちは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

 

寒いですがお天気のいい週末、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

朝から大掃除に精を出している方もいらっしゃるかと思いますがどうですか?ピカピカになりましたか?水を使うのは辛いと思いますでゴム手袋を使ったりハンドクリームで保湿しながら頑張ってくださいませ。

 

 

さて、今回は〈患者さんの声〉のコーナーです。

 

 

大阪市中央区にお住いの藤川さん、47歳の女性・主婦の方からいただきました。ありがとうございます。

Q.何が決め手で当院を受診されましたか?

日頃からの体調不良を夫が見かねてネットで調べてくれました。

先生のプロフィールや治療内容など透明性のある内容を詳細に記載されており夫も勧めてくれましてダメ元で一度受診をと思いました。

 

Q.どのような症状にお悩みで当院を受診されました?

30年間バレーボールをしておりスポーツが大好きで活発に生活をしていましたがある日、精神的・肉体的にも疲弊しピタリとスポーツをやめました。

薬の副作用と運動不足で食欲もないのに体重が増加、代謝が悪いと思い色々試しましたが骨の歪みが原因かもと思い体中の痛みが酷いので受診

 

Q.実際に受診されてよかったことを書いてください。

予約制なので待ち時間もなく先生からの細やかなカウンセリングで治療方法と時間をかけての患者の立場になっての施術に感謝しています。

整骨院ジプシーになっていましてどこも流れ作業のように10分単位くらいで3つの施術が多く根本の治療にたどり着く事ができない日々でしたがこちらの院では力まかせや施術後の痛みもなく行きと帰りとでは全く体の軽さが違う事を実感しました。

 


 

こちらの患者さんは本名掲載の許可をいただいていますし、詳しくは書けませんが過去にそれはそれは大変な出来事がいくつも重なり心身ともに参ってしまい身体に変調をきたし、それを良くしようと様々な治療院に行くも結果的にジプシー状態になってしまったとのことです。

 

 

初診の問診時にはきっちりと時間を取り細かにお話をお伺いするんですがその際に聞いている僕が泣きそうになってしまうくらいで「そら、体が悪くなってしまったのも致し方ない」と率直に思いました。それくらい壮絶だということです。

 

 

お話を全て聞かせていただいた時には「絶対に良くなってもらいたい・良くしたい」と心の底から思いました。←どなたの場合でもそう思いますが今回はさらに強く思いました。

 

 

具体的な症状は多岐にわたりそれこそ肩こりや腰痛から始まり不眠症やむくみ、膝の痛み、頭痛に座骨神経痛などご記入いただいた問診表に『気になる症状に◯印をつけてください』という欄があるんですが20個以上に◯をつけられていました。

 

 

一気に全てを治すことはできませんがとにかく少しでも早く良くなってもらいたい一心で治療を重ねていきました。そうすると体とは不思議なもので1箇所が良くなるとそれだけで心も楽になるし体の使い方や姿勢が変わり他のところも連動して良くなっていきました。

 

 

初診時には骨格の歪みやそれに伴う筋肉のバランスの悪さがかなり目立っていたので治療初回から数回はその部分を改善するべく骨盤や股関節、首に至るまで全体的に整体をして調整していきました。

 

 

骨格が整えば筋肉が緩みまた神経も正常に作用するようになるので当初訴えられていた様々な症状(腰や背中の痛み、倦怠感や頭痛)が回数を重ねるごとに良くなっていき患者さんもどんどん元気になっていかれるのがとても嬉しかったです。

 

 

設定したゴールまではもう少し時間がかかりそうですが趣味を楽しまれたりと日々楽しく過ごされ心にも余裕ができてきているようなのでこの調子でやっていきたいと思います。

 


 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13

営業職で車に乗っていて徐々に脚にしびれが出てくる方へ

こんばんは。大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

さて今回は脚のしびれについて書いていきたいと思います。

当院の患者さんの中にも腰が痛くてさらに脚のしびれ症状を訴えられている方がたくさんいらっしゃいます。
もしも皆さんのご家族やご友人、同僚の方の中にもそういった方がいらっしゃれば少しでも参考にしていただければ幸いです。

IMG_5196

僕がここで言っている脚のしびれというのは皆さんも一度は耳にされたことがあるかもしれませんが「座骨神経痛」というものです。

 

座骨神経痛というのはあくまでしびれが出ている症状を指すもので病名ではありません。
「えっ、そうなん?てっきり病名やと思ってた!」という方も意外と多いかもしれませんね。

 

多くの場合、腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった腰部の疾患が原因となりそれらの疾患があることにより腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって座骨神経が圧迫され下半身にしびれを引き起こします。
しびれの出現する場所ですがお尻や太ももの裏、すねの外側部分、足先と症状がひどくなるにつれて広い範囲に渡りしびれが出てきます。

 

座骨神経痛で当院を受診される方の中で特に多いのが働き盛りの男性の患者さんです。以前、当院を受診されていた方は外回りの営業職で毎日朝から晩までの多くの時間を車に乗って仕事をされている方でした。
IMG_5197

朝仕事を開始して最初のうちは何ともないんですが昼過ぎになると左のお尻から左太ももの裏までしびれが出てくるといった具合でした。

痛みとしびれから車の運転や取引先とのやりとりにも集中できずにイライラしてしまい、家族に当たってしまう事が増えていったそうです。

当然、家族との関係もうまく行かず、悪循環。

仕事ともプライベートもうまく行かないとなにもかも嫌になりますよね?

幸いにもこの患者さんは治療開始後からスムーズに症状が改善していき計5回の治療で完全にしびれがなくなりました。

この方は左右の股関節のバランスの悪さから姿勢が崩れ腰やお尻周りの筋肉に過度に負担がかかっている状態だったので硬くなった筋肉を緩め股関節の調整と体全体の整体をしていくことで徐々に腰の痛みと脚のしびれが取れていきました。
しびれがなくなった今でも月一回のペースで定期的にメンテナンス治療を受けていらっしゃいます。

今ではどんなに車を運転してもしびれが気になることがなく家庭も仕事もどちらもとても順調だとおっしゃっていました。

 

それでは一体どうすれば車を長時間運転される方の脚のしびれを少しでも緩和させることができるのでしょうか?

ここではお仕事で長時間車を運転される方がお仕事中に気をつけていただきたい注意点をいくつかご紹介したいと思います。

・エアコンを効かせすぎない
暑がりの男性がこれからの時期についついやってしまいがちなのがエアコンの効かせすぎです。車内は狭いのでエアコンがよく効きます。低い温度設定のままだと体全体が冷え腰やお尻の筋肉が硬くなってしまい血行も悪くなってしまいます。そうなると場合によっては余計にしびれの症状が強くなることがありますのでエアコンの温度を低くしすぎないようにし腰から下は積極的に温めるようにしてください。

・同じ姿勢を長時間続けない
お仕事の段取りや先方とのアポの時間、道路の渋滞状況など休憩を取りたくてもどうしても取ることができないということもあるとは思いますができるだけこまめに休憩を取るようにしましょう。
長時間同じ姿勢を続けることでエアコンを効かせすぎた時と同じように筋肉が硬くなってしまったり血行が悪くなってしまいます。

・休憩を取った際に車の外に出て体を動かすようにする
理想としては1時間に1回2〜3分程度でいいので車から降りるようにしてください。しかし、本当にどうしても2時間も3時間も車から降りられないのであれば信号待ちの時に腰を軽く捻ったり座ったまま伸びをしたりして体を動かすようにしてみてください。
また取引先で2〜3時間座りっぱなしになるようなことがあれば頻尿だと思われようがトイレに立たせてもらったりそれすら無理なのであれば車の信号待ちの時と同じように可能な範囲で体を動かすようにしてください。
そうすることで筋肉が硬くなり血行が悪くなることをちょっとでも防ぐことができます。

最後に

上記のことに注意すれば必ずしも座骨神経痛によるしびれが緩和されるというものではありませんが意識してやっていただくことでこれまでより少しでも良い状態でお仕事に取り組んでいただくことができれば嬉しく思います。

セルフケアではどうにもならない、辛くて仕事に集中できないという方は専門家に診てもらうことをお勧めいたします。

 

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

【診療時間】

月・火・水・金 10:00〜21:00    土 9:00〜13:00

【休診日】

木・日・祝

【予約電話番号】
06−6764−1190(完全予約制

【住所】
大阪市中央区谷町6丁目3−13