体の内側から冷えを防止しよう!

こんにちは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

前回、体を温める方法として首とつくところを温めるというお話しをしましたが、今回は体の中から温めるべく食べ物についてお話ししたいと思います。

 

 

体を冷やさないようにと外側から暖めることも必要ですが、体の内側から暖めることも大切です。

 

 

昔から”冷えは万病の元”と言いますよね。冷えていいことなんて一つもありません。

 

体が冷えると免疫力が下がるので今の時期でいうと風邪を引きやすくなったりインフルエンザにかかったりするリスクが上がります。

 

また代謝も下がるので、そんなに食べていないのに太ってしまったり…太ることで様々な病気につながる可能性も出てきます。

 

とにかく冷えはホントによくない!

 

 

さて、皆さんは自炊するにしろ外食するにしろ体を”冷やす・温める”で献立を決めたりメニュー選びをしたりしますか?

 

 

冷え性でもし今までその辺りを意識されたことのない方は今晩からでも意識して材料選びや献立決めをしていただければと思います。

 

体を温める食べ物の見分け方・選び方

〈野菜〉

・冬が旬・寒冷地で育つ・土の中で育つ・色がオレンジや黄色、赤系

ex)生姜 かぼちゃ 人参 ごぼう にんにく 山芋 レンコン

 

〈果物〉

・寒い地方で採れる

ex)りんご ぶどう プルーン あんず イチジク

 

〈魚介類〉

・北の海で獲れるもの・赤身の魚

ex)マグロ 鮭 カツオ イワシ カニ 明太子 鯖

 

〈肉類〉

・赤身

ex)ラム肉 レバー

 

〈調味料〉

・塩辛いもの

ex)塩 味噌 醤油 唐辛子

 

上記がざっくりではありますが体を温める食べ物の見分け方・選び方になります。

 

 

もちろん例外もあるし全てがぴったり当てはまるというものではないですが一つの目安にしていただければと思います。

 

 

体を作っているのは食べ物です。体を冷やす、温める以前に化学調味料や加工食品の摂りすぎには注意し安心・安全な食品を選ぶことも健康を維持、さらには増進させるためには大切ですね。

 


 

ヤマシタ整骨院公式LINE@ページ

友だち追加でこちらからのご予約・お問い合わせも可能です。

↓    ↓    ↓    ↓
友だち追加

【痛みや不調によりやりたいことを諦めてしまっている方の新たなチャレンジを全力でサポートさせていただきます】

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13

 

腰痛の最新エビデンスを仕入れてきました!

こんにちは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

 

今日は神戸マラソンでしたね。当院の患者さん含め出場された方はお疲れ様でした。

 

 

今日はお風呂にゆっくりと浸かり体を温めストレッチを入念にするなどしてしっかりとケアを行いましょう。

 

 

42.195㎞も走っているんですからクールダウンやアフターケアを怠ると疲れが抜けずに腰痛が出たりし兼ねませんよ。

 

 

昨日の午後はそんな腰痛に関してのお勉強をしてきました。

 

 

お勉強と言っても手技や治療法を学ぶ、といったものではなく最新の腰痛エビデンスを聞くためのセミナーを受講してきました。

 

『エビデンス』という言葉を一度は聞かれたことがあるかもしれませんが、evidence(エビデンス)とは証拠、証言、医学では臨床結果などの科学的根拠、その治療法が良いとされる証拠、という意味となります。

 

 

なので、今回の講座では腰痛に関しての正しい情報や新たにわかった科学的根拠を聞いてきたというわけです。

 

 

腰痛に限らず医学の世界は日進月歩です。昨日まで常識だと思っていたことが今日から突然非常識、正しいと思っていたことが新たな研究の結果間違っていた、なんてことがあるんです。

 

 

ここで一つ皆さんにご質問です。急性腰痛(ギックリ腰)になってしまった時って患部である腰は冷やしますか?それとも温めますか?

 

 

ギックリ腰になり整骨院に行ったことのある方は腰をアイスパックで冷やされたことがあるかもしれませんし、僕も修行時代にギックリ腰の患者さんが来られたらまずは冷やせ!と教えられたものです。

 

 

しかし、答えは『温める』です。最新のエビデンスでは、急性/亜急性腰痛に対する温熱療法は5日後まで疼痛の軽減効果をもたらすということでギックリ腰は暖めたほうがいいという研究結果が出ています。逆に寒冷療法の効果はエビデンスがない、とのことなので解釈としては冷やしても悪くなることはないけど良くもならない、ということです。

 

 

このようにこれまで正解だと思いってやっていたことが間違ってたり、やっても意味がない、また〇〇療法より△△療法の方が効果が高い、ということが出てくるので定期的に自分の持っている情報をバージョンアップさせないとそれが最終的に患者さんに迷惑をかけることになってしまいます。

 

 

ですから、ヤマシタ整骨院では今後も定期的にエビデンスをバージョンアップさせながら常に新しく正しい情報を患者さんにお伝えできるように努めていきたいと思います。


ヤマシタ整骨院公式LINE@ページ

友だち追加でこちらからのご予約・お問い合わせも可能です。

↓    ↓    ↓    ↓
友だち追加

【痛みや不調によりやりたいことを諦めてしまっている方の新たなチャレンジを全力でサポートさせていただきます】

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13

 

度々起こる頭痛にお困りの方へ!基本的な対処法をお伝えします。パート2

こんにちは、大阪市中央区谷町六丁目のヤマシタ整骨院です。

 

 

今回は前回お伝えしていた通り、緊張型頭痛について書いていきたいと思います。

 

デスクワーカーで慢性的に肩こりがある方で”肩こりがひどくなると頭まで痛くなってくる”という経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか。

現にこれまで慢性肩こりにお困りで当院を受診され問診を行った際に多くの方が上記のような症状を訴えられています。

 

 

では、頭痛は頭痛でも緊張型頭痛というのは一体どんなものなのでしょうか。

 

緊張型頭痛の症状はどんなの?

頭が締め付けられたように痛くなるのが特徴で、片頭痛のズキズキとした痛みとは違い重ダル痛いといったような感じではないでしょうか。また痛くなる場所も片頭痛とは違い頭全体が痛くなる場合もあれば後頭部から首筋にかけてが痛いと訴えられる方もおられます。

片頭痛の場合は動くと余計に痛くなりますが、緊張型頭痛は動かすと痛みが軽減することがほとんどです。

 

 

 緊張型頭痛はなぜ起こるの?

身体的・物理的なストレスと精神的ストレスのいずれか、または両方が影響して起こります。

身体的・物理的ストレスでいえば、猫背やうつむいた姿勢でのデスクワーク、長時間同じ姿勢でのパソコン仕事や車の運転がそれにあたります。

身体的・物理的ストレスが過多になると肩や首回りの筋肉が緊張し硬くなり、そうなることで血流も悪くなって疲労物質が蓄積し結果的に頭まで締め付けられたように痛くなってしまいます。

 

精神的ストレスは言うまでもなく仕事や家庭でのトラブルや人間関係がうまくいかない、などですがそれらが原因で自律神経が乱れ筋肉をこわばらせ血流を悪くしたり、脳そのものの機能不全から頭痛を引き起こす場合もあります。

 

 

緊張型頭痛が起こった際の対処法

  1. 首や肩の筋肉を温める
  2. 首回りのストレッチを行う
  3. リラックスする(できるよう環境を変える・整える)

 

1に関して、方法としては入浴していただいてもいいですし、蒸しタオルを肩周りや首〜後頭部にかけて当てるなどして温めていただければ結構です。

温めることで血流を良くし筋肉がほぐれることで痛みが和らぎます。

2も目的は1と同様です。肩を上へすぼめてストンっと脱力したり、首を上下・左右にゆっくりと動かし首筋や肩の筋肉を気持ちよく伸ばしましょう。

 

3は例えばデスクワークの方であれば、最低でも1時間に一回程度席を立つようにしたり(身体的・物理的ストレスに対して)、深呼吸を意識的に行ったり休憩時間にスマホでペットや赤ちゃんの癒し動画を観たり(精神的ストレスに対して)するのもいいかもしれません。

 

 

慢性肩こりにも全く同じことが言えますがとにかく緊張型頭痛の対処法は身体的・精神的ストレスをいかに軽減させられるかです。

 

なので、ご自身なりの身体的・精神的ストレスの対処法を是非とも編み出していただきたいと思います。

 

 

編み出して実践してるけど肩こりも良くならないし緊張型頭痛も度々起こる、という方はヤマシタ整骨院までご相談くださいませ。

 


ヤマシタ整骨院公式LINE@ページ

友だち追加でこちらからのご予約・お問い合わせも可能です。

↓    ↓    ↓    ↓
友だち追加

【痛みや不調によりやりたいことを諦めてしまっている方の新たなチャレンジを全力でサポートさせていただきます】

 

【谷町六丁目、上本町、堺筋本町で肩こり 腰痛 片頭痛 ギックリ腰 寝違え 座骨神経痛 椎間板ヘルニア 骨盤のゆがみなら整体治療・ハイチャージのヤマシタ整骨院にお任せください】

 

【公式ホームページ◯大阪市中央区谷町6丁目 整体治療 ハイチャージ ヤマシタ整骨院】

(http://yamashita18.com)

 

【診療時間】

月・火・水・金 10:00~21:00    土 9:00~13:00

 

【休診日】

木・日・祝

 

【予約電話番号】

06−6764−1190(完全予約制)

 

【住所】

大阪市中央区谷町6丁目3−13